じぶん銀行カードローンは借換えローンに対応!利用条件や貸付条件について

じぶん銀行カードローンの借り換えについて

じぶん銀行カードローンには「借り換えコース」といった、他社のローンからより低金利で借り換えできるローンを取り扱っています。

「借り換えコース」は月々の返済を減らしつつ、利息を減らしたい方にとってはもちろん、ローンだけでなく、クレジットカードのリボ払いからの借り換えにも利用できるなど、幅広く使えるのも特徴です。

利用できる方は「auユーザー」に限られますが、他社の借り換えローンと比較してもメリットがある反面、申し込み条件や申し込む際に注意することがあります。

じぶん銀行カードローンの「借り換えコース」を検討している方は是非、最後までお読み下さい。

どういったローンが借り換えの対象となるのか?

借り換えの対象となるのは現在、他社からの借り入れ対し行うことが出来ます。どの様なローンかというと

  • 他社カードローン
  • 目的別ローンなどローン全般
  • リボ払い
  • ショッピングローン

このタイプのローンで他社からお金を借りている方であれば、借り換えでき、融資されたお金を借り入れ先へ返済します。

この借り換えですが、消費者金融の貸金業法に基づくおまとめローンとは異なり、契約した限度額を自身で出金し自身で借り換え元となる業者へ返済しなくてはなりません。

つまり、一旦自身に現金を手にすることができるということです。

審査次第ですが他社に返済したのか完済を証明する書類(解約証明書または解約契約書の写し)の提出が必要な場合もあります。

もし借り換えコースで融資されたお金を他社への返済に充てない場合ですが、借り換えコースの金利優遇が取り消しされる場合があるため、借り換え目的のみ利用するようにしなくては規約違反となります。

じぶん銀行カードローン自体を解約されるわけではありませんが、じぶん銀行カードローンの通常金利は高めであるため、借り換えしたメリットがなくなる可能性があります。

また金利優遇が取り消しされる可能性がある場合、事前に電話にて案内があります。取り消しされたくなければ、借り換え目的で借りた場合は他社の完済を必ず契約日から1週間以内には行うようにしましょう。

融資を受けるまでの流れ

現金を手に持っているイメージ画像
  1. WEBから申し込み
  2. 審査(本人確認書類の提出・在籍確認)
  3. 審査結果(Eメール、もしくは電話にて)
  4. 融資

じぶん銀行カードローンの申し込みはWEB申し込みのみ。本人確認書類の提出もWEBでアップロードできます。

審査は本人確認書類の提出、勤務先への在籍確認が行われます。

本人確認書類として認められているもの

  • 運転免許証
  • 健康保険証(カード型、もしくは紙)
  • パスポート(日本国発行のみ)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード、もしくは特別永住者証明書(外国籍の方のみ、永住許可必須)

本人確認書類の提出はじぶん銀行の普通預金口座をお持ちの方であれば、1点のみ提出。

口座がない方は下記、いずれかの書類提出が必要です。

じぶん銀行普通預金口座がない方が提出する書類(下記いずれか)

  • カンタン本人確認
  • 本人確認書類2点を提出

「カンタン本人確認」は顔、運転免許証を写真に撮り、提出する方法です

他社の解約はしなくてはならないの?

完済証明書の提出が必要な場合もありますが、他社の解約は基本的に行うことが強制ではありません。

しかし、審査結果によっては他社の解約をしなければならない時があるので注意しましょう。解約自体も借金を完済したいと考えている人であれば問題はないでしょう。

しかし、借り換えで他社ローンを完済した後、再び他社から借り入れを考えている方にとってはデメリットになる可能性があります。

ただこの場合、じぶん銀行カードローンと他社ローンの返済をしなければならなくなり、返済負担を減らすことができないため、借り換えする意味がありません。

また多重債務に陥る可能性が極めて高くなることからもおすすめしません。

審査時間はどれくらい掛かるの?

借り換えコースの審査時間ですが、最短で申し込みした翌営業日に審査結果の連絡があります。

審査に時間がかかるケースとして、提出書類の不備、審査が混み合っている時です。この場合、審査結果の回答は翌日以降となりますが、審査時間は早いといえるでしょう。

また審査結果はEメール、もしくは電話にて伝えられますが、どちらに結果が届くかは指定できません。

申し込み時に入力するメールアドレスや電話番号は、個人で使っているものを登録しておきましょう。

借り換えローンの審査基準について

じぶん銀行カードローンの借り換えローンの審査はかなり厳しく、利用できる人はなかなかいません。

理由としてはこの借り換えコース、利用するためには審査において、100万円以上融資が可能と判断された場合のみだからです。

100万円を超える融資となる場合、通常のカードローンで新規契約よりも審査通過のハードルは高くなります。なぜなら通常、新規で契約が成立しやすいのが10万円程度の融資額だからです。

それと借り換えを目的として申し込むローンであるため、資金用途がハッキリしていないローンに比べ、より信用情報を厳格にチェックする可能性もあるからです。

低金利のローンに乗り換えるだけであれば、貸し手側は借り換えに利用するかわからないため、審査も通常の審査が行われますが、借り換えローンとなると貸し倒れのリスクなど審査に慎重にならざるを得ないと考えられます。

また既に複数から借り入れしている場合、通常の審査項目に加え、返済能力の有無をより厳正に審査されます。

じぶん銀行カードローンにおける審査項目

  • 過去に金融事故を起こしていないか
  • 他社ローンの支払いで延滞、踏み倒していないか
  • 他社ローンから何社借りているのか
  • 現在、安定した収入はあるか
  • 年収はどのくらいあるのか
  • 申し込み時の内容に虚偽はないか
  • 勤続年数はどのくらいか

返済能力を図る上では安定した収入があるのか?もポイントとなるため、公務員や正社員、また勤続年数が1年以上であることなど、審査に通過するため条件も増えます。

借り換えコースに申し込むためにはいくつかの条件もクリアしなければなりません。

審査難易度の高さだけでなく、申し込み条件、申し込みに注意しなければならない点がいくつかあります。

借り換えコースの申し込み条件

利用条件詳細
auユーザーのみ利用可能(auの携帯電話や固定通信サービスを利用していること)au携帯電話、ケーブルプラス電話、Smart TVBox、J:COM PHONEプラス、auひかり、auひかりちゅら、au one net(「フレッツ光」コース、「コミュファ光」コース、WiMAXコース)利用者が対象
資金用途他社からり入れの返済に充てること
申し込み時の注意点・申込入力完了後に表示される「au ID登録画面」にて登録すること
・申込画面にて「借り換えを希望する」に必ずチェックを入れること
利用条件・判定日(毎月末日)にau ID登録(状況)が有効となっていること
・審査結果で借入可能上限額が100万円以上となること
注意事項他社借入金の返済が確認できない場合は金利優遇が中止となる場合がある

借り換えローンの貸付条件を他社と比較

借り換えローンが可能な銀行カードローンは限られますが、他社の借り換えローンと比較し、じぶん銀行カードローンの借り換えローンを利用するメリットはあるのか?見ていきましょう。

金利について

じぶん銀行カードローンの借え換えコースの金利ですが、他社と比較しても低金利で利用できるのが魅力です。

例えば、同じく借り換えが可能なネット銀行のカードローン、楽天銀行スーパーローンと比較してみましょう。

借入限度額じぶん銀行カードローン
金利(実質年率)
楽天銀行スーパーローン
金利(実質年率)
110万円~200万円8.5~12.5%9.6%~14.5%
210万円~300万円6.5~8.5%6.9%~14.5%
310万円~400万円5.5~6.5%4.9%~12.5%
410万円~500万円4.5~5.5%4.9%~8.9%
510万円~600万円4.0~4.5%4.5%~7.8%
610万円~700万円3.0~4.0%3.0%~7.8%
710万円~800万円1.7~3.0%1.9%~4.5%

特に110万円〜200万円をご覧いただくと、金利12.5%はかなり好条件で利用できることがわかります。

また金利設定は110万円以上からですが審査に通りさえすれば、借り換えを希望する金額が100万円未満でも利用できます。

つまり、100万円以下の金額を借り換えする場合、カードローントップクラスの金利条件で借りることが可能です。

返済額(約定返済額)について

じぶん銀行カードローンの返済額は借入利率によって変わり、借換えコースで契約した場合は金利は高くても12.5%となるため、月々の返済額は他の銀行カードローンと比較しても抑えることができます。

借入残高借入利率9%以下借入利率13%以下借入利率13%超
10万円以下 1,000円 1,500円 2,000円
10万円超~20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万円超借入残高が
10万円増すごとに 
1,000円を追加 1,500円を追加 2,000円を追加
借り換えローンの場合、最低でも借入利率は13%以下となります

借り換えで月々の返済を減らしたい方であれば、じぶん銀行カードローンを利用するメリットは十分にあると言えます。

通常金利で申し込みした場合は借入利率は13%を超えることが多いため、10万円借り入れした場合であれば、月々最低2,000円から。銀行カードローンとしては月々の返済は他社と比較しても変わりません。

じぶん銀行の借り換えローンについてまとめ

融資条件

契約可能な年齢 満20歳~満69歳
申込資格 ・契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
・安定継続した収入のある方(自営業者、パート、アルバイトを含む)
・保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる方
・外国籍の方は永住許可を受けていること
資金使途 原則として自由(事業性資金は除く)
借換えローンとしての利用が可能
必要書類 ・本人確認書類
運転免許証、各種健康保険証、パスポート、個人番号カード、
住民基本台帳カード(顔写真付きで共通ロゴマーク、QRコード付きのもの)

・収入を証明できる書類(借入可能上限額が50万円を超えるため)
担保 不要
※保証会社アコム(株)が保証
保証人 不要
保証料 不要
全国対応
利用手数料借り入れや返済に関する利用手数料は無料
振込による借入金をじぶん銀行キャッシュカードでATMから出金する際、じぶん銀行所定のATM利用手数料がかかる場合あり

申し込みから融資までの流れ

申し込み方法はWEBのみ、来店不要で融資まで手続きが行えます。必要書類の提出はWEBからアップロード、もしくは郵送、FAXでも可能です。

申し込みから融資までの流れは、じぶん銀行の普通預金口座の有無で若干異なります。

じぶん銀行に口座がある場合
(au、その他キャリアをお使いの方)
じぶん銀行に口座がない場合
(auユーザーの場合)
1.お申し込み(WEB申し込み)
じぶん銀行へログイン

2.審査(審査時間:2日〜)
・本人確認書類の提出
・勤め先へ在籍確認の電話があります

3.審査結果
審査結果は、Eメールまたはお電話でご案内。

4.融資
・本人名義の金融機関口座へ振込融資
(じぶんローン取引サイト、またはローンセンターに電話にて依頼)
・提携ATMより借り入れ

※融資されたお金は他社への返済へ充てること
1.お申し込み(WEB申し込み)
確認事項に同意の上、au IDログイン

2.審査(審査時間:2日〜)
・本人確認書類の提出
・勤め先へ在籍確認の電話があります

3.審査結果
審査結果は、Eメールまたはお電話でご案内。

4.融資
・本人名義の金融機関口座へ振込融資
(じぶんローン取引サイト、またはローンセンターに電話にて依頼)
提・携ATMより借り入れ

※融資されたお金は他社への返済へ充てること

借入条件について

借入方法・振込サービス
・ATMでの借り入れ
借入可能上限額・カードローンau限定割 借り換えコースの場合
100万円以上800万円以内(10万円単位)
借入利率
(変動金利)
・カードローンau限定割 借り換えコース
1.7%~12.5%(年率)
利用期間1年(原則、審査のうえで自動更新)

返済について

返済方法・自動支払い返済
じぶん銀行口座をお持ちの方のみ

・振込返済
返済反映は平日0:00〜15:00まで、以外は翌日扱い

・ATM返済
利息計算方法毎日の最終残高について付利単位1円とし、
1年を365日とする日割計算。
遅延損害金返済を延滞された場合は借入金額に対し、年18%の割合
(保証会社の保証料を含む年率)の遅延損害金がかかります
繰り上げ返済手数料無料
約定返済サイクル・期日指定返済
・35日ごと返済

約定サイクルについて

35日ごと返済とは

期日指定返済とは

キャンペーン情報

現在キャンペーンは行われていません。

企業情報

名称 auじぶん銀行株式会社
事業内容銀行業
登録金融機関関東財務局長(登金)第652号
加入協会日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
代表者氏名 代表取締役社長 臼井 朋貴
代表取締役副社長 井上 利弘
本社所在地 〒103-0027
東京都中央区日本橋1丁目19番1号
日本橋ダイヤビルディング14階
資本金 625億円
設立日 2008年6月17日
従業員数 368人(2020年3月31日現在)
主要株主(持株比率) auフィナンシャルホールディングス株式会社(63.8%)
株式会社三菱UFJ銀行(36.2%)
著者情報
斎藤翔平

42歳の現役FP
元々銀行の融資担当課の勤務経験がありお金を借りる事にかけて非常に幅広く学んだ経験を元にお金を借り方や自身の生活スタイルをより良いものにする為、当サイトを立ち上げ。
利用者目線をもっとにお役に立てる情報を発信していきます。